入れ歯に代わる治療

親子

インプラントは、埼玉の歯科医院では入れ歯やブリッジに代わる補綴治療です。歯がなくなった箇所に、人工の歯根を入れて、その上に人工歯をつけます。チタン性の歯根が顎の骨にしっかり固定されるので、食事の際も天然の歯と同じように噛む事ができます。

日本人に多い症状

夫婦

歯周病治療は、矢切の歯科医院で近年、患者からの相談が多いものです。そもそも歯周病とは、歯垢に含まれている細菌によって歯茎が感染してしまう病気です。放置すると、歯茎の腫れ、出血、痛みが生じます。定期的に検診を受ける事で、早期発見が可能です。

心臓病などを防ぐためにも

歯みがき

定期検診がおすすめ

成人のほとんどは、口の中にプラーク(歯垢)を持っています。歯間ブラシやデンタルフロスをよほどうまく使える人でない限り、プラークは多かれ少なかれ大人の口の中に付着しているのです。このプラークが原因で起こる病気が歯周病です。歯周病は内臓の健康までも脅かすというので近年問題視されている病気のひとつとなっています。歯周病は定期的に歯科でチェックしてもらうのが効果的な予防法です。そこでおすすめなのが横浜の歯科です。プラークの中には歯周病菌が棲みついています。この歯周病菌が歯肉のすきまから入り込むことによって歯周病になるのです。横浜の歯科では、プラークが定着して固くなったものである歯石を除去し、健康チェックをして歯周病の治療と予防ケアを行ってくれます。

サイレントキラーに注意を

歯周病は深刻な病気ですが、多くの人が軽視しているのが現状です。しかし歯周病は別名をサイレント・キラーともいうほど脅威的なものなので、横浜の歯科でぜひ定期検診を受けることをおすすめします。歯石の除去も、最近は市販品の歯石取りグッズで済ませている人が増えていますが、それだと自分で見える範囲の歯石しか取り除けないのが難点です。横浜の歯科でできれば半年に1回、少なくとも1年に1回歯石除去をしてもらえば、歯周病を防げるだけでなく歯茎の健康状態もキープできるので食事が楽しめるようになります。また、口臭の予防という面でも歯石除去は大いに効果があります。歯周病は進行すると心臓病や糖尿病の一因ともなるので、将来そのような病気になるのを防ぐためにも横浜の歯科で定期検診を受けましょう。

原因の一つ

歯周病を引き起こす原因には歯並びがあります。特に歯並びは見た目にも気になるものなので、できるだけ早期に矯正を行なうようにしましょう。前歯のみの矯正も最近は行なうことができます。前歯だけなら料金も比較的安くなっているので、より手軽に行なうことができるでしょう。

理解してからの治療

女性

横浜には歯科医院がたくさんあるため、どの歯科医院に行けば良いか迷う方は多いです。近隣にある場合に関しても、ホームページなどで歯科医院の情報を確認してから予約を取る事が大事です。雰囲気なども事前に把握しておく事で安心できるケースが多いです。